舗装復旧工事

安全で安心な工事を心がけ施工

舗装復旧工事では主に、ガスなどライフライン工事跡の道路舗装工事と一般土木工事を行なっています。大阪府下(中央・東部・南部)・兵庫・京滋にある6事務所で、小さなものから大きなものまで年間約15,000件の工事を、地域のお客様との距離を肌で感じ、安全で安心な工事を心がけ施工しています。

ライフライン工事跡 舗装工事

生活に不可欠な、ガス・電気・水・電話・通信などのライフライン工事(新設・改修・保全)跡の舗装復旧工事です。
市街地が多いため、地下埋設物も多く、破損しないよう注意しながら施工しています。
また、みなさまの家の前を施工しますので、工程調整には特に留意して施工しています。

特殊材料 舗装工事

ライフライン工事(新設・改修・保全)跡の舗装復旧工事にも、さまざまな工法や特殊材料を用いるものがあります。
商店街や地域環境に配慮した特殊タイルやアスファルト合材、急勾配の多い道路、古い町並みが残る石畳、など新たに手に入りにくい材料も少なくありません。残せるものは丁寧に取り外して再設置したり、残すことが難しい材料については、材料部門を持つ強みを活かしたご提案を行ない、皆様に喜ばれています。

宅地造成工事

戸建てや集合住宅など数戸から数十戸の宅地造成や、外構工事を施工しています。
ここでも、新たに入居されるお客様を待たせることの無いよう、工程管理をしっかり行い、工期内に納品しています。

水道管敷設工事

ライフライン工事の中で水道管敷設工事を行っています。
生活基盤のひとつである”水”の安定した供給に寄与できるよう、鋳鉄管は耐震型の継ぎ手を用いたものを使用し、万一の地震等災害にも耐え得る設備を敷設・構築する事でライフラインの確保に貢献しています。

特殊構造物・付帯 工事

さまざまな立地条件に合わせた構造物や、古くからある構造物の復元も施工しています。石積みや、本石の階段など古いものには基礎の無いものが多く、強度の不十分なものもあります。
復元するにあたっては、しっかりした基礎も提案し、安心できるものに復元しています。

舗装復旧工事の施工実績はこちらからご覧いただけます。

ページの先頭へ