コーポレートガバナンス

基本的な考え方

コーポレートガバナンスは、持続的成長のための基盤となる「健全性・効率性・透明性」を確保し、企業が社会的責任を果たすための取組みです。当社は厳格な経営監視体制のもとにコーポレートガバナンスを強化し、経営上の重要事項や課題に対して迅速かつ的確に意志決定を行って、公明・公正な事業活動を推進しています。

コーポレートガバナンス体制図

すべてのステークホルダーからの信頼に応えることを目的に、 コーポレートガバナンス体制を強化し、経営の公正性・客観性・透明性を高めています。

コーポレートガバナンス体制図

経営・業務執行体制

当社は定例の「取締役会」を毎月1回開催し、重要事項の決定、取締役の業務執行状況の監督等を行います。「取締役会」の機能をより強化し、経営効率を向上させるため、上記「取締役会」には全取締役・執行役員が出席するものとし、業務執行に関する基本事項および重要事項にかかる意思決定を機動的に行っています。
「執行役員制度」を導入することで業務の意思決定・監督機能と業務遂行機能を分離し、変化の激しい経営環境にも機敏な対応ができるようにしています。

経営監査体制

取締役は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、法令に従い直ちに監査役に報告します。
監査役は「取締役会」その他の必要な会議に出席するとともに、主要な稟議書その他業務執行に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役または使用人にその説明を求めます。また、監査役は監査法人と情報を交換して連携を図ります。

コンプライアンス体制

当社はコンプライアンスの推進のため「コンプライアンス規程」を制定し、「コンプライアンス委員会」でコンプライアンス全体を統括しています。
また、「内部通報制度」を設け、当社の役員および社員によって法令違反や企業倫理に反する不正行為等が行われ、または行われようとしていることに気がついた者は、窓口である監査室に直ちに通報しなければなりません。

ページの先頭へ