新名神高速道路 城陽八幡舗装工事

施工場所 京都府城陽市
工期 平成27年10月21日~平成29年9月29日
発注者 西日本高速道路㈱ 関西支社
工事概要 総延長 5,220m、土工部 1,800m、橋梁部 3,420m、コンクリート舗装工、アスファルト舗装工
施工内容 城陽JCT~八幡京田辺JCT間の新設舗装工事。路盤材料に再生材(鋼製スラグ)を使用する。コンポジット舗装の構造として、コンクリート舗装の下に更にアスファルト中間層を設けたのが特徴である。当社自社機であるアスファルトフィニッシャー、S‐1803、S‐1600の2機を並べて舗設した。

ページの先頭へ