新名神高速道路 高槻舗装工事

施工場所 大阪府高槻市
工期 平成27年10月28日~平成30年2月13日
発注者 西日本高速道路㈱ 関西支社
工事概要 総延長 12,260m、土工 4,300m、橋梁 3,130m、トンネル4,830m、セメント安定処理路盤工、コンクリート舗装工、アスファルト舗装工、通信管路工、内装工、監視員通路工
施工内容 高槻JCT~茨木千提寺IC間の舗装工事。アスファルト混合物総数量134,000tにも及ぶ大規模舗装工事である。最盛期は、大型アスファルトフィニッシャー計6台(内2台は当社)を稼働させて、1日最大2,500tも舗設した。セメント安定処理路盤工は、仮設ソイルプラントで製造するものとスタビライザでセメント改良する2工法を行い、複数班による施工を可能にした。

ページの先頭へ